分子栄養療法

低すぎるペプシノーゲン値と機能性ディスペプシア2

投稿日:

その1はこちら。あまりにもペプシノーゲン値が低いので胃カメラをしに行ったというお話しでした。

ちなみに、粘膜弱めだとか、内視鏡系苦手だとかって方にはやっぱり口からの挿入をお勧めしますね。初めてでしたが私は口から入れてもらいました。

その時は全身麻酔です。ちなみに全身麻酔は「睡眠」ではなく「昏睡」に近い状態なのだそう。この違い面白かったので興味ある方はお馴染みビタミンアカデミー様の記事をご一読あれ。

 

さてさて胃カメラの結果ですが、

写真だけ見ても「?」だと思うんですが医者のコメントは「ごく軽度の胃炎を認めますが、基本的にきれいです。ヘリコバクタピロリもいません」とのことでした。てっきりペプシノーゲンⅠの低値に始まる胃の不調はヘリコバクタピロリが原因だろうと踏んでいたので、肩透かし。。これで振出しに戻る、ではありませんが、胃カメラやった病院ではこれ以上はわからないということで、もらった胃カメラの画像を持ってセカンドオピニオンでネットで調べた別の胃腸専門の病院に行きました。

そうしたところ、きちんと病名を教えてくれました。

機能性ディスペプシア

胃もたれやみぞおちの痛みなどのつらい症状を繰り返し感じることがあるのに、内視鏡検査等では胃の異常がみつからない。

食物は通常、口から食道を通って胃に到達し、胃の上部(青マル)が膨らみ蠕動運動をすることで胃の下部(緑マル)に食物を送り込み、その蠕動運動によって同時に胃液も誘発されるのですが、胃の上部が何らかの原因で動きにくくなってしまい、胃内部への滞留が長くなって胃もたれ等を引き起こしているのではないか、とのこと。

異様に低すぎるペプシノーゲン値もそこに由来していたのかも。私の場合は仕事での夜の接待で激しくお酒を飲む生活が何年も続いたため、おそらくその時期に胃の上部が動かないのがクセづいてしまったのでは、との所見でした。

 

ペプシノーゲン値が低く、胃の消化力に問題があることは認識していたため、消化を補助する目的で塩酸ベタインを飲んでいたのですが、なるほどこれでは塩酸ベタイン飲んでも効きにくいわけだ。そもそもペプシノーゲンは胃液中に分泌されるタンパク質分解酵素ペプシンの前駆体で、検査の数値はあくまで血中の酵素濃度を測定したものなので胃酸の量を直接見ているわけではないんだけど、数値の低下で胃底腺(胃酸・ペプシノーゲン・粘液を分泌する複合腺)の萎縮や胃酸分泌低下を推測することができる。そこに塩酸ベタインを頑張ってプラスしても胃自体の動きが緩慢だとなかなか消化が進まないだろうことは想像に難くない。

Now Foods, ベタインHCL、648 mg、120野菜カプセル

さて自分の症状に無事に病名が付くというのは嬉しいことです。病名つけば対処の仕様もありますが、原因不明のままではどうにもできませんからね。機能性ディスペプシアに対してはアコファイドと六君子湯が処方されました。アコファイドはアセチルコリンエステラーゼ阻害作用により、胃の運動機能を改善したり、胃の内容物の排出を促進させる薬だそうで、私にはさしたる副作用もなく、食事前後の胃の不快感をかなり軽減できたので非常にありがたい処方でした♪塩酸ベタインと飲み合わせても問題なく、むしろ相乗効果期待できると思いますよとの主治医の助言もあり、今までの飲み方も特に変えず(お肉の塊等タンパクリッチなものを食べるときだけ塩酸ベタインを盛る)に過ごした次第。

あとは今後の血液検査でペプシノーゲン値が上向いて来ればいいのですが。。。

気になるキーワードをクリック♪

タグ

気になるキーワードをクリック♪

タグ

-分子栄養療法
-, , , , , , , ,

執筆者:


  1. […]  低メチレーション・ハウス 低すぎるペプシノーゲン値と機能性ディスペプシア2http://hazama.work/ortho/fd2/その1はこちら。あまりにもペプシノーゲン値が低いので胃カメラをしに行っ […]

  2. […] ホヤと栄養トーク部屋低すぎるペプシノーゲン値と機能性ディスペプシア2https://hazama.work/ortho/fd2/その1はこちら。あまりにもペプシノーゲン値が低いので胃カメラをしに行ったというお […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホヤ宅の油事情<簡単レシピあり>

わたくしホヤが自宅でどのように油を使い分けているか 本日はご紹介しますね~ 栄養療法に足突っ込んでる人はかなりみんな油トーク好きでしょ!? きっと好きだよね(^○^)!! Contents1 万能の神 …

続・Bスポット治療その後

Bスポット治療に行ったことを綴った記事から約1年が経過しました。 低メチレーション・ハウスBスポット治療に行ってみたhttp://hazama.work/ortho/b-spot/2017-12-11 …

歯科選び5つのポイント

世の中に歯医者さんがいっぱいあり過ぎてどう選んでいいかわからないって思いませんか。 特に歯科に関しては美容院と同じくらい乱立してない?気のせい? 髪の毛は一回失敗してもまた伸びるもんですが、歯の治療に …

アシュワガンダどんだけ~!

相変わらず冬の寒さが厳しいので久々にアシュワガンダ入れようかな~ と思って改めて調べてみたら色々とすごかった。 Contents1 「最強のハーブ」その由縁2 日本では医薬品扱い3 アシュワガンダを飲 …

サプリケースはCan doで買う

先日からサプリケースの最適解をずっと探してたんですよ。 なかなか持ち運びに適した大きさと種類を備えたピルケースが無いなぁ前回買ったこの大きさ使いやすかったんだけど同じモノが見当たらない pic.twi …

このサイトについて

分子栄養療法と一般ピーポーのハザマをうろついている人間が綴る。医療機関の関係者ではないよ。

サイト内検索

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031