分子栄養

私が眼精疲労を克服した方法

2018年9月9日

そもそもサプリメントを飲み始めたキッカケは誰にでもあるような動機でした。

「お肌のくすみ・シミ。あとハリのなさ、糖化した肌が気になる」

とりあえずの知識で初めはコンビニに売っているDHCのビタミンC サプリを頻回摂取してみました。当時はお腹がすこぶる弱かったので飲み過ぎて下痢にならないよう、細心の注意を払いながら。。。サプリ未経験者がいきなり1000mgとかはよろしくないので500mgあたりから様子見つつ徐々に増やしていくのが無難です。自分の場合は毎食後に1000mgを飲んで日に2000-3000mgの摂取を基本にしています。(風邪ひいたいらめっちゃ増やすのがセオリーです→その辺はビタミンアカデミーさんが詳しい)

そうしてしばらく過ごしていたところ、肌への効果はよくわからなかったけど、眼精疲労がみるみるよくなったのです!なぜビタミンCの大量摂取で眼精疲労がよくなったのか?以前は1時間もPCに向かっていると目がシバシバしてきて、会社の午前休みに入るころには画面なんて見たくない(*´Д`)てくらいに眼だけがクタクタになっていました。眼精疲労回復のため昼休みには昼寝+蒸気でアイマスクを常用していました。

私のお気に入りはカモミールジンジャー♪今でもたまにリラックスしたいときなんか使います。しかしこれが毎日手放せないってな状態でしたから、どれだけ異常だったかお分かりかと。当時は事務仕事一辺倒でPCを一日中眺める環境でしたが、正直PC仕事はもうできなくなるんじゃないかと危惧して転職も頭をよぎったものでした。幸い自身で仕事の順序をコントロールできる職場だったため、悪あがきでPC以外の作業を小分けにしてPC作業の合間に目を休ませたりしていたものの根本の解決策が皆目見当つかない状態でした。

眼精疲労は結局のところ副腎疲労の結果であり、いくら眼に対して対処療法を施しても根本原因の解決には至らない、というのを治った今なら思います。

当時は疲労予防の高価なPC眼鏡や目薬を買い漁っていました。

これこれ(笑)今でもPCは必須の仕事しているのでたまに使っていますが、何より目に染みないんですよ!一回ごとに使い切りなので品質の劣化を気にしなくていいのも◎。目に染みる目薬って差した瞬間はスーッとして気分転換した気になるんですが、自分の場合その液体が鼻や喉に落ちてきて不快なんですよ。

眼科へ何か所も足を運びました(地域で名医と言われている眼科にも非常に長い待ち時間を掛けて並びました)が下った診断は「スマホ老眼」。

要はPCやスマホ画面により酷使された眼のピント調節機能が落ちてしまい、ピント調節に時間がかかってしまい、20-30代にして老眼のような症状が出るというもの。

話を戻して、副腎疲労で眼が痛くなる理由ですが。

目周辺って細かい筋肉の集合体であること、そして眼球自体も″モノを見る”には毛様体という筋肉を使って水晶体のレンズの厚みを調整するんです。副腎疲労があると各筋肉の調整がうまくいかなくなるんです。それで目がシバついたり、今にも眼を開けていること自体がつらくなる。

ましてや体中の各筋肉に対して振り分けるエネルギーも優先順位がありますから、目のような細微な筋肉が早い段階で見放されるのも、さもありなんと言う感じですが(この辺は個人差が大きい部分かとも思います。)

副腎にビタミンCが効くというのはもはやいろいろなネットの情報がありますが特にみてほしいのが下記栄養療法名医の宮澤先生記事の「なぜ人類はビタミンCの合成能力を失ったのか?」という部分

副腎という臓器はビタミンCの大の消費家なのですね。慢性的に不足していたところに(狙いは違ったんだけど)大量のビタミンCが投下されたことで、何をしても治らない気がした眼精疲労が嘘のようにほぼ完治したのです。

今でもたまに疲れ目症状が出ることはあるので、その時は副腎が疲れていたりするのかな?という指標になっています。

打つ手がないまま深刻な疲れ目を抱えいるそこのアナタ、ブルーベリーサプリ飲むなら、先にビタミンCを頻回摂取してみて!

諦めるのはそれからでも遅くないです。

お勧めなのは下記。

Now Foods, C-1000、バイオフラボノイド100 mg、250植物性カプセル

でもビタミンCなら今どきはコンビニでも手軽に買えるから、急ぐ人はまずはそちらでもよいと思いますよ!

-分子栄養
-, , , , ,