分子栄養療法

むくみとアルブミンの関係

投稿日:

自費でやる場合の血液検査で必ず出てくる「アルブミン(ALB)」という項目。

この分子栄養学的理想値は4.5g/dlなんだけど、

これが3.5だとか低値になっていると身体が結構シビアな状況に置かれている可能性が高い。

アルブミンは肝臓で作るタンパク質

食べたものを材料にして肝臓で作られるタンパク質がアルブミン。

体内に存在するタンパク質の50~70%とかなりの部分を占めるアルブミン。

その2/3は組織中(筋肉や皮膚等)に存在し、血液中に存在するのは残り1/3程度

血液中のアルブミンが減ると組織中から補填される仕組みになっているから、

もし血液検査で切り取ったアルブミンの数値が4.5g/dlを切って4.0g/dl以下とかになっている場合は

体内のタンパク質がかなり不足している状態とみる。

アルブミンはスポンジ様の役割を果たす

毛細血管は血球やタンパク質は通さないが、

血しょう(血液に含まれる液体成分)が間質(臓器以外の部分)に押し出され

ここで濾過される。

アルブミンは血管中に残って水を引き付ける。

これがアルブミンの持つ浸透圧作用と呼ばれるもの。

体内の浸透圧の90%はアルブミンによって調節されていて

アルブミンが減少すると水分が血管外に逃げてしまい浮腫みを引き起こす。

体内にスポンジ〇ブがたくさんいると浮腫みにも良い訳です(笑)

 

またアルブミンは皮膚にも存在するので低下すると皮膚合成が遅れ肌トラブルが起こりやすくなることも。

ここでいうアルブミンによって生じる
膠質(コロイド)浸透圧は
細胞膜の内外で生じる浸透圧とは区別する。

 

アルブミン値が安定していると薬が効きやすい?

アルブミンは輸送タンパクとしての働きも担う。

というのも、血しょう中の脂肪酸やビリルビンその他 生理物質を吸着して血中を循環している。

これらはアルブミンと結着しなければ各臓器に取り込まれて代謝・排泄されて終わるんだけど

アルブミンと結合していると臓器に取り込まれず血中を循環する

だから薬を服用した時に効きやすくなる。

アルブミンが低下していて輸送能力も低下すると薬を服用しても効きにくく、

副作用が多くなってしまうという切ない身体となる。

じゃあプロテイン飲もうはやめて

血中アルブミンが低下するほどに身体のタンパク質不足が進んでいる場合、

プロテインを消化できるだけの消化力が出せない胃腸の状態になっている可能性が高い。

ではどうする?

そのあたりはこの辺に詳しく書いてますので参考にしていただければ。

 

 

 

気になるキーワードをクリック♪

タグ

気になるキーワードをクリック♪

タグ

-分子栄養療法
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

低血糖症とむくみは切っても切れない関係

女性でむくみを経験したこと無い人はなかなか稀だと思いますが。 むくみに対してピンポイントで有効な治療やサプリは基本的に存在しないと思っているのは アプローチ対象が「体中の水分」だからなのですが。 身体 …

毒親とオキシトシン

オキシトシンって聞くとハグをしたら分泌されるとか、 出産をするときに子宮を収縮させ、産後に子宮を元の大きさに戻してくれるのも このホルモンってことで漠然と良いイメージを持ってたのだけど、 ある本を読ん …

尿が真ッ黄色になるのがどうしても気になる

タイトルのセリフは私の母のもの。 今日はこのブログをめくってくれる皆さまをホヤ母だと思って、 説得するつもりで記事を書こうと思う(笑) Contents1 真ッ黄色はビタミンB22 尿の色はバロメータ …

GABAとグルタミン酸

昨日アシュワガンダの記事かいててGABAがちょろっと出てきたんだけど GABAって何?って改めて思ったので。 ホヤと栄養トーク部屋アシュワガンダどんだけ~!https://hazama.work/or …

iHerbでおススメのハーブティー5選

コーヒー、ウーロン茶、紅茶、煎茶、これらすべてカフェインを含む飲み物になります。 カフェインを摂取→アドレナリン分泌 副腎疲労の疑いや自覚がある人はまずはカフェイン断ちをするのが定石なんだけど、 上記 …

このサイトについて

分子栄養療法と一般ピーポーのハザマをうろついている人間が綴る。医療機関の関係者ではないよ。

サイト内検索

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031